正しい美容情報V

「美肌の鍵はコラーゲン」の嘘

コラーゲンを摂取すれば、美肌になるというわけではありません。
コラーゲンだからなんでもOKではないのです。美肌を作るにはその種類に目を向ける事が必要です。
コラーゲンにはT型から始まって約30もの種類があると言われています。

 

コラーゲンに種類があるとは初耳の人も多いかもしれませんね。
コラーゲンは肌や筋肉・内蔵・骨・関節・目・髪などを構成しているタンパク質の1種で、ハリやツヤのある肌を実現するには欠かせません。
コラーゲンの種類によってアミノ酸の配列が異なり、それぞれに役割があります。

 

卵角膜クレンジング

肌の乾燥重量の70%を占めているのがT型コラーゲンとV型コラーゲンです。

この2つのコラーゲンの割合は年齢とともに変わっていきます。

 

赤ちゃん時にはV型コラーゲンが多く、加齢とともにV型コラーゲンが減り、T型コラーゲンが増えていきます。

 

V型コラーゲンは別名「ベビーコラーゲン」と呼ばれているように、赤ちゃんのようなプルンプルンとした柔らかい肌を作ります。

 

T型コラーゲンが増えると肌が強くなり硬くなってきます。
古い角質も取れにくくなり表皮と一体化します。
ゴワゴワとした肌に変化していくのです。

 

つまり赤ちゃんのような水々しい肌を保つにはV型コラーゲンを増やさなければいけません。

 

日焼けもV型コラーゲンが豊富な肌ならシミやソバカスにはなりづらいです。
このV型コラーゲンを増やす方法は線維芽細胞を増やすことです。
V型コラーゲンは線維芽細胞から分泌されます。

 

線維芽細胞は卵殻膜が1日で2倍、10日間で10倍以上に増殖させることができます。
つまりは卵殻膜を摂取することで、V型コラーゲンを増やすことができるのです。

 

>>>卵殻膜とは

 

やみくもにコラーゲンなら美肌にいいと摂取していても、V型コラーゲンを増やす要素を含んでいなければ美肌効果はあまり期待できないのです。

 

卵殻膜は熱にも強く、油や水にも溶けなかったので加工することが難しかったのですが、最近の研究でそれが可能になりました。
化粧品では、アルマードが卵殻膜を微粉化する特許を取得して商品化しています。

 

>>>卵殻膜化粧品:アルマード

 

肌に直接、摂取する化粧品から口から直接摂取するドリンクタイプも揃えています。

 

>>>卵殻膜ドリンク:III型(ビューティードリンク) 

 

東京大学の研究では肝臓や認知症に効果のあることもわかってきました。
美肌だけではなく、健康にも良いのが卵殻膜です。

 

>>卵殻膜クレンジング:TOP