正しい美容知識を見極めましょう

間違った美容知識, 正しい美容知識

 

巷には多くの美容知識が氾濫しています。

 

女性誌から生活情報誌にいたるまで「美しくなるため」の情報でいっぱいです。

 

シミやしわ、美肌、黒ずみ、アンチエイジング情報や、化粧品の効能、お手入れ方法などを熟読して実践している女性は少なくありません。

 

しかし、これらの情報には正しくない情報が含まれていることがあります。

 

効果や効能を過大に表現したり、明らかに間違っている記事、情報で誤解を招くような内容もあります。

 

そのまま実践すれば、お肌に良い影響どころか悪い影響をもたらす情報が多くあります。
残念ですが、それが実態です。

 

美しい美肌を手に入れるには、まず正確な情報、正しい情報を知る事です。

化粧品 自然志向の行き過ぎ

間違った美容知識, 正しい美容知識

自然、自然派など、耳にきこえが良い言葉を使った化粧品が人気を集めています。

 

自然という言葉は、肌に余分な負担をかけない響きがあり多くの方に支持されていますが、化粧品の材料は手を加えなければ
必ず酸化します。

 

酸化を防ぐためには、添加物を加えたり、無菌設備での製造が必要になります。
実際、今の技術ではどれも可能です。

 

しかし、酸化防止対策を何も施さずに、常温で1週間以上放置して変質しない化粧品はありません。
添加物がすべて良いわけではありませんが、添加物を使っていないために酸化した化粧品がお肌に良いわけがありません。

 

適量の使用なら添加物は衛生上必要。無添加による酸化や細菌感染の方が危険です!

 

化粧品 無添加の真実

無添加ときくと、添加物は一切はいっていなくて自然の素材だけで作られていると思い込みがちですが、
ここに大きな誤解があります。

 

無添加とは一体何を添加していないのでしょうか?
ここで表す添加物とは1982年〜2001年まで厚生省が薬事法に基づいて表示を義務づけていた成分
「表示指定成分」の事をさします。

 

具体的には、香料、タール色素など人によってはアレルギーなどの皮膚障害を起こす成分をさしています。
つまり、無添加とは2001年まで存在した「表示指定成分」が含まれていませんよ。という意味なのです。

 

また、原料ベースにはいっている成分については表示義務はありません。
本当の無添加化粧品だと、開封すればせいぜい1週間持つか持たないかでしょう。

 

保存状態が良くなければ、細菌が付着したりカビが生えたりします。
本当の無添加で長期保存ができたら、その化粧品は嘘だと考えた方がいいです。

 

原料に「添加物」が含まれていても表記上は「無添加」になります。

 

パラペンフリーは安全な酸化防止剤?

最近の化粧品で「パラペンフリー」と表示された商品をよく見かけるようになりました。
「パラペン」の正式名称は「パラオキシン安息香酸エステル類」といいます。

 

数多くある酸化防止剤の一つですが酸化防止材の中でも安全性の高さが科学的に証明されている成分です。

 

どういうわけか、世間では有害な成分と認識されているようです。
「パラペンフリー」ということは、「パラペン」が入っていないわけですが、「パラペンフリー」でも常温管理ができるのなら、
何か別の添加物が使用されているはずです。

 

それが何なのか、よく調べた方がいいでしょう。

 

植物由来のものが自然だし安心だと思っている人は多いですが、むしろかぶれが多いのは植物由来の成分です。
動物由来の成分でも原料ベースで酸化しなければ安全性が高い物が多いです。

 

人工だから身体によくない、自然だから身体に良いわけではありません。

 

「パラペン」は使い方によっては安全な酸化防止剤。常温保存できる化粧品に「パラペンフリー」と表示されていたら
要注意です。

 

良いクレンジングと悪いクレンジング

美肌の基本は、洗い過ぎない洗顔です。
化粧品にお金をかけるなら、保湿とクレンジングにかけましょう。

 

化粧を落とす為だけに高いクレンジングを使うのはもったいないと考える人は多いと思います。
同じお金をかけるなら、美容液やクリームに高価なものを使った方が目に見える効果が得られるのではと考えるのもわからない
ではありません。

 

しかし、悪いクレンジングを使うと確かに汚れはすっきりと落ちますが、洗いながら肌を痛めてしまっているのです。
顔の肌の皮膚は表皮から真皮まで5層の構造になっていますが、厚みはというと、たったティッシュ1枚分しかないのです。

 

角質の厚みはわずか0.02mmです。

 

こんなに薄い角質をゴシゴシと洗浄力の強いクレンジングを使うと、汚れだけでなくお肌を外的から守るバリア機能までも
損なわれてしまいます。
泡立ちがよいクレンジングや洗顔料は汚れがよく落ちるから肌にも良いと勘違いしていませんか?

 

実際のところ、まったく逆なのです。
汚れを落とす界面活性剤は植物由来のアミノ酸系界面活性剤と、鉱物油系由来の合成界面活性剤の2つに大きくわかれます。

 

鉱物油系由来の合成界面活性剤は、泡立ちもよく強い洗浄力を持っています。
また、お値段的にもかなりお値打ちです。

 

一方、植物由来のアミノ酸系界面活性剤は、適度な洗浄力と低刺激を兼ね備えています。
しかし、大量生産ができないので値段が高くなる傾向があります。

 

そのため合成界面活性剤は、泡立ちのよさと価格のお手ごろ感で多くのクレンジングに使用されているのが実態です。
しかし、見せかけの泡立ちこそ要注意です

 

落とし過ぎるクレンジングはお肌に必要な油分までも取りすぎてしまい肌に負担をかけてしまいます。
また、意外に大事なのが洗顔時のすすぎです。

 

洗顔後に洗剤が残っているとお肌によくありません。
すすぎは必ず十分行いましょう。「基本は洗顔」です。

 

ファンデーションの微粒子は細かいほどいい?

最近の女性誌や美容専門誌には、ファンデーションは、粒子が細かいほど、きめ細かな美しい肌に仕上がります。と書かれているのをよく見かけます。

 

ファンデーションの微粒子は細かければ細かい方が良いと信じられているようですが、微粒子が細かいほど、接触面との密着力が弱く、さらさらとすぐに流れてしまうために、皮膚が動くたびにファンデーションの粒子は崩れていき、最終的にはシワになりやすい溝部分にたまってしまいます。

 

卵角膜クレンジング

つまり、微粒子が細かすぎると逆にシワを目立たせ、厚塗りメイクに見せてしまう原因になっています。

 

ファンデーションは細かい粒子だけでなく、大きな粒子、中粒の粒子、細かな粒子と大きさが色々と交じり合っている方が肌への凸凹の密着度が高くなり、シワや凸凹が目立たなくなります。

 

わかりやすいのは、石垣を思い浮かべてみてください。
石垣は細かい砂だけで築きあげようとしてもすぐに崩れてしまいます。
大小、様々な大きさの石を積み上げることで崩れにくい丈夫な石垣が出来上がっているのです。

 

あなたがもし、自分の肌を滑らかに艶やかに見せたいなら、大小様々な粒子で構成されているファンデーションを使うのがベターです。

 

SPF値の大小は、日焼け防止効果に比例しない

紫外線は女性の天敵で百害あって一利なし。と紫外線を防ぐことは重要なテーマになっています。
最近は特に美白志向が高まっていますから、ますます紫外線を防ぐ日焼け止めを使うことが推奨されています。

 

しかし、SPFの値が高ければ高いほど効果があるかというとそうではありません。
SPFの値は日焼け止めの効果を表す数字だと勘違いしている人が多いのですが、SPFの数値は日焼け防止の持続時間のことをいいます。

 

人間の肌は何も塗らないで日光を浴びると約25分で日焼けします。
SPF1と表示されていれば、約25分間日焼けを防止するということです。
SPF2であれば、約50分間、日焼けを防止できます。

 

SPFの数値は日焼け防止の効果を表すのではなく、持続時間を示しているだけなのです。
つまり、SPF1もSPF2も日焼けを防止する効果は同じなのです。
ここで1日の生活をふりかえってみると、日中、太陽にさらされている時間はどのくらいあるでしょう?

 

SPF25であれば、10時間強、日焼けを防止できます。
しかし、ドラッグストアや化粧品店にはSPF50の高い数値の日焼け止めも販売されています。
SPF50というと約20時間日焼け防止効果があります。

 

まったく日光がでていない夜間にも日焼け対策をしていることになります。
まったく無意味です。

 

それだけではなく、SPF数値が高い日焼け止めは数値を上げるために強い成分が配合されているために、肌にもよくありません。
結局、SPF数値が高い日焼け止めを使うということは、肌にダメージを与えていることになるのです。

 

コラーゲンの間違った情報

コラーゲンを摂取すれば、美肌になるというわけではありません。
コラーゲンだからなんでもOKではないのです。美肌を作るにはその種類に目を向ける事が必要です。
コラーゲンにはT型から始まって約30もの種類があると言われています。

 

コラーゲンに種類があるとは初耳の人も多いかもしれませんね。
コラーゲンは肌や筋肉・内蔵・骨・関節・目・髪などを構成しているタンパク質の1種で、ハリやツヤのある肌を実現するには欠かせません。
コラーゲンの種類によってアミノ酸の配列が異なり、それぞれに役割があります。

 

卵角膜クレンジング

肌の乾燥重量の70%を占めているのがT型コラーゲンとV型コラーゲンです。

この2つのコラーゲンの割合は年齢とともに変わっていきます。

 

赤ちゃん時にはV型コラーゲンが多く、加齢とともにV型コラーゲンが減り、T型コラーゲンが増えていきます。

 

V型コラーゲンは別名「ベビーコラーゲン」と呼ばれているように、赤ちゃんのようなプルンプルンとした柔らかい肌を作ります。

 

T型コラーゲンが増えると肌が強くなり硬くなってきます。
古い角質も取れにくくなり表皮と一体化します。
ゴワゴワとした肌に変化していくのです。

 

つまり赤ちゃんのような水々しい肌を保つにはV型コラーゲンを増やさなければいけません。

 

日焼けもV型コラーゲンが豊富な肌ならシミやソバカスにはなりづらいです。
このV型コラーゲンを増やす方法は線維芽細胞を増やすことです。
V型コラーゲンは線維芽細胞から分泌されます。

 

線維芽細胞は卵殻膜が1日で2倍、10日間で10倍以上に増殖させることができます。
つまりは卵殻膜を摂取することで、V型コラーゲンを増やすことができるのです。

 

間違った美容知識, 正しい美容知識 卵角膜とは

 

やみくもにコラーゲンなら美肌にいいと摂取していても、V型コラーゲンを増やす要素を含んでいなければ美肌効果はあまり期待できないのです。

 

卵殻膜は熱にも強く、油や水にも溶けなかったので加工することが難しかったのですが、最近の研究でそれが可能になりました。
化粧品では、アルマードが卵殻膜を微粉化する特許を取得して商品化しています。

 

間違った美容知識, 正しい美容知識 卵殻膜化粧品:アルマード

 

肌に直接、摂取する化粧品から口から直接摂取するドリンクタイプも揃えています。

 

間違った美容知識, 正しい美容知識 卵殻膜ドリンク:III型(ビューティードリンク)

 

東京大学の研究では肝臓や認知症に効果のあることもわかってきました。
美肌だけではなく、健康にも良いのが卵殻膜です。

 

 

>>卵殻膜クレンジング:TOP